クロネコヤマト 単身パック

家族引越しでも単身パックで収める方法

我が家は3人家族ですがこの方法でクロネコヤマトの単身パックで引越しました。

 

引っ越しが決まったらまず、リサイクルショップでいらないものを買い取ってもらい、荷物を整理します。

 

買い取ってもらったら引っ越しの費用の足しにもなります。

 

荷物が多くてトラックが多くなりそうなら、値段も高くなるので友人家族総出で車を出してもらい、積めるものは車に積めます。

 

貴重品、見積書などは自分が乗る車に必ず乗せ、どこに行ったかわからなくならないようにします。

 

大きい荷物は業者さんがやってくれるので、掃除や子どもの面倒を見てくれる人など、男手よりも以外と女の人がいると助かります。

 

梱包は自分でやった方が絶対いいです。

 

引っ越し先での片付けが楽になります。

 

ガムテープや段ボールは必要ですが、マジックペンは中身のものを書いておくのに重宝します。

 

単身パックの引越しはクロネコヤマトがお勧めです。

 

 

 

引越しが多い方は、普段から断捨離を行い、いらないものはできるだけ処分することをオススメします。

 

いざ引っ越すとなった際、いらないもの、捨てなければいけない粗大ゴミなどを梱包するのは時間もかかるし、無駄な作業となるからです。

 

卒業アルバムや写真など、捨てられないものは、固定の収納にするとスムーズです。

 

専用の収納箱を購入するなどして、引っ越す際は収納箱を段ボールに入れ、転居先ではそのまま収納箱を出し、クローゼットに入れるだけでよいのでスムーズに片づけをすることができます。

 

梱包について、梱包サービスがある所でも大切なものは自分で事前に梱包することをオススメします。

 

仕様がわからず、傷をつけられてしまうことも多々あります。

 

自分で梱包できない場合は、商品の価値や傷つけられると困る旨を事前に担当者にしつこいくらい伝えておくとベストだと思います。